30代のエンジニアが転職するために必要な条件とは何?

エンジニアのような技術職の場合、転職を志すのが20代なのか、それとも30代なのかで全く異なる条件が求められることが言われています。そのため、20代で転職をし、30代になって同じように転職をしようとしたとしても、なぜかその当時のようにうまくいかないということがあります。

これは求められているものを間違えていた、認識していなかったことの表れです。そのため、20代では何を求められ、30代に必要とされているものが何かを知ることが重要な意味を成します。

このサイトでは、30代のエンジニアがどうやったらうまく転職出来るのかポイントごとに説明していきます。

 

ポイントその1:今までの成果を説明できるか

まず、30代のエンジニアが転職する際に必要なものとして、具体的な数値で説明できる今までのキャリアの中で得た成果です。エンジニアの中にはこういったプロジェクトに参加した、ある製品を作り上げたなどの功績があります。ただ単にそれに参加した、作り上げただけでは相手には伝わりません。

もっと言えば、プロジェクトへのかかわり方がわからず、中心人物としてなのか、それとも末端の末端の存在だったのか、こうしたことも伝わらず、現実味を感じないということも出てきます。

それらを的確にイメージさせるには具体的な数値を出して説明することが重要です。そうすることで、そのプロジェクトのすごさはもちろんのこと、どれだけ深くかかわっていたのかなどがわかるようになります。

華々しい実績が今までなく、地味な作業ばかりをしてきたという場合であっても、数値を用いて毎年これだけの仕事をしてきましたというものが説明できればそれでよく、確かにこの人はこれだけのことをしてきたのだろうと思わせることができるようになります。

 

ポイントその2:将来のビジョンが明確かどうか

次に、将来のプランを描いているかどうかという点です。いわゆるキャリアプランというもので、30代になると具体的であり、実現の可能性が高いものが求められます。

例えば、10年後には自分の会社を立ち上げたいので、3年後、5年後にはこんな成長をするよう、こうしたことをしているというのを説明できるかどうかが問われます。20代のうちは、多少漠然としていても特に問題はありませんが、30代になると漠然としたキャリアプランでは「この人は本当に大丈夫なのか?」と思われてしまいます。

しかも、こうしたキャリアプランを今後見つけていくみたいなことを面接で言われたとしても、会社側として困惑し、採用を渋ることになります。

転職を検討する場合、なぜ転職したいのか、自分のキャリアプランと前の会社と一致しない部分、志望している会社と一致する部分などを把握していることが求められます。

 

ポイントその3:素直さがあるか

最も大事なことは素直さです。これは20代の転職とさほど変わりません。どの年代であっても学ぶことはたくさんあり、特にエンジニアは最新の技術と向き合う業種です。

新しいことに対する関心が薄らぐような場合、最新の技術と向き合うのが難しくなってしまいます。こうした素直さは年を重ねるとだんだんと失われていきますが、そうしたものに今も敏感であるかが問われます。

20代の転職が成立するのはこうした素直さを持っているからであり、会社側で教育していけばある程度の存在になるという見込みがあるからこそ成立します。

しかも、その素直さはたとえスキルがなかったとしても、スキルを学ぶ姿勢がしっかりしていれば成立するのであって、ある程度のスキルが期待されている年代には当てはまりません。そのため、スキルを持ち合わせながら、それでいて新たな技術と向き合うという姿勢が重要になります。

 

まとめ

転職を成功させるためには、まず転職理由をはっきりさせておくこと、自分のスキルのレベルがどれくらいなのかを知ること、自分自身の強みが何かを説明できること、これらを仕上げることが求められます。

転職理由が明確で、転職先が自分の希望することと合致していれば、そのことを論理立てて話していき、数値を使って説明していけば、確実に転職はうまくいきます。

その過程で漠然とした説明があればあるほど、成功からは遠ざかることを認識しなければなりません。今のスキルレベルというのも重要です。市場価値とも言われており、まず自分のレベルを知る、そして、それが市場価値としてはどれだけのもので、同じレベルの人の給料はどれくらいなのかを知ることで転職が妥当かどうかがわかります。自分自身の強みに関しても同様のことが言えます。

身の程知らずという言葉があるように、転職で失敗する人の多くは自分の力量を過信しているケースがほとんどです。そして、見通しを立てずにあっさりと会社を辞めて転職活動に打って出るもなかなか見つからずに後悔するという人が出てきてしまいます。

転職をする理由が人間関係である場合はなおのこと慎重に動くことが求められます。自分が変わらなければならない部分も出てくることを覚悟しなければなりません。

まずは自分の力量を知る、論理的に数値を使って説明する、キャリアプランを形成するなどのことを準備してから、転職活動を始めることが必要です。

 

エンジニアにおすすめの転職サイト

【非ITエンジニア】メイテックネクスト

  • 業界No.1の求人数
  • 大企業からの求人、非公開求人多数
  • 元エンジニアのコンサルタントに相談可能

メイテックネクストは、元エンジニアのコンサルタントが多数在籍している「非ITエンジニア専門転職エージェント」です。豊富な経験を持つコンサルタントに転職の相談が出来るため、自分ひとりで転職活動を進めるよりも確実に結果に結びつけることが可能です。
大手企業からの求人も多数あるため年収の大幅アップも期待できます。今の仕事が忙しい方でも、土日祝日や夜でも面談が可能なため、一人ひとり柔軟に対応してもらえます。

メイテックネクスト公式サイトへ
ものづくりエンジニアの転職ならメイテックネクスト

【IT・Webエンジニア】レバテックキャリア

  • 高給与求人を多数保有
  • 年収アップにこだわりあり
  • 万全なアックアップ体制

IT・Webエンジニアの転職にはレバテックキャリアがおすすめです。IT・Webエンジニア特化の転職エージェントですので、非公開の高給与求人を多数保有しています。また、年収アップにこだわっているエージェントなので現在の年収に不満のある技術者には特にオススメしたい転職サイトです。
転職相談の面談から企業との面接に至るまで一貫してバックアップをしてくれるため、内定率が一人で全て進めるよりも高いのもポイントです。
レバテックキャリア公式サイトへ
レバテックキャリアで年収アップをする!